忍者ブログ
KEEP BREATHing, KEEP MOVing Forward,  BE HAPPY
[290] [289] [288] [287] [286] [285] [284] [283] [282] [281] [280]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今年はいつもより長くお花見が出来る感じがする。
もう4月も半ばになろうというのにね〜。

さてさて、久しぶりに甲状腺の話。
先週、3ヵ月ぶりの定期検査。
といっても血液検査だけだけど。

ところが、その結果がすごく悪くて。

TSH 26.450 μU/ml(0.38〜4.3)
fT4 1.24 ng/dl(0.94〜1.6)
fT3-II 2.42 pg/ml(2.4〜4.0)
Tg(ECLIA) <0.3 ng/mL (30以下)

( )内下限〜上限値

TSH値高すぎ!
つまりかなり甲状腺機能低下気味ってことらしい。

「けっこう飲み忘れたりしたからですかね〜?」
ときいてみると
「1週間とか飲んでなかったりしました?」
「いえ、せいぜい3日」

「・・・薬増やしましょう」

ということで、今までチラージンS100を1錠だったのが、
チラージンS100を1錠と、25を1錠飲むことに。

「様子見て、アイソトープ治療もやった方がいいかもしれないですね」

アイソトープとは放射性ヨード療法ともいい、
「放射性ヨード療法は甲状腺がん特有の治療方法で、甲状腺だけが体内でヨードを取り込む性質があることを応用したものです。 甲状腺全摘出後に、ヨードに放射能を付けたものを内服すると、甲状腺由来の部分、つまり甲状腺がんの遠隔転移部位に取り込まれる可能性が高く、そこで放射能を放出すればがん細胞が壊死するという仕組みになります。」
といったもの。
以前にも、もしかしたらやるかもということで、
受けた説明によると、事前にホルモン治療をストップさせないといけないので、
人によっては、治療によってかなり具合が悪くなってしまう場合があるとのこと。

なんだか怖いでしょ。

それに自分の体調を数値で知ってしまうと、
全く元気だと思っていたのに、
「そういえばなんだか疲れやすいかも」
「そういえば最近やけに太ったかも」
「そういえばときどきのどが締め付けられる感じがする」
と、いろいろ思い当たってしまうんだよね〜。

「先生、低下症だとどんな症状が出るんですか?」
こわごわきいてみると、
「う〜ん。こういったホルモンの病気は、
明確な症状はなくて人ぞれぞれなんですよね〜。
患者さんが、こうこうこうなんですっていわれると
そんな場合もあるかも知れませんってしかいえないんですよ〜」

なるほど〜。妙に納得。
つまりは心配してもしょうがないって事ね。
別に、倒れたり、安静にしなくちゃいけないとか無いわけだし。

甲状腺の手術のときに
半分残すより全摘してしまった方が
また手術するかもっていう心配はしなくて済むから
その方がいいなぁと思ったんだけど、
こうして、数値に一喜一憂するのを
一生やっていかなくちゃいけないとなると
それもなんだか面倒だなぁ。

でも、ウチのダンナもついに降圧剤飲み始め、
あちらも血圧計とにらめっこでいずこも同じ。
やっぱりだんだんとそういう年になってきたってことかな?
今までの健康に感謝しなくちゃね。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
方言に変換するよ♪
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
J-WAVE
コメントありがとう♪
[08/28 rafuma]
[06/25 rafuma]
[02/01 rafuma]
[01/31 つぼみ]
[01/06 チョコ]
★お返事済みはがつきます!
RSSリーダー
ブログ内検索
プロフィール
HN:
tomozo
性別:
女性
自己紹介:
いつも刹那的だといわれます。そんな私のピンポイントな「today」を切り取ってみたくなって、画像中心のブログにしようかと思ってます。
カウンタ
バーコード