忍者ブログ
KEEP BREATHing, KEEP MOVing Forward,  BE HAPPY
[227] [226] [225] [224] [223] [222] [221] [220] [219] [218] [217]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

※甲状腺疾患での入院についての続き
前回まではこちらから

手術前日。
同室の方が同じ手術日、同じ担当医で
彼女が朝から、私は彼女の手術が終わり次第ということだった。
「明日は何も食べられないね〜」
「明日頑張ろうね〜」
なんて励まし合いながら、手術の準備をした。
(こういうところはやっぱり大部屋だと良いね)

手術に必要な準備品
●浴衣(私は寝間着としての浴衣は苦手だ。だからちょっと高かったけど、前で紐で結ぶタイプのかわいいネグリジェを探したんだ〜)
●T字帯(病院で購入。つまりふんどし;汗)
●曲がるストロー
●カップ
●ティッシュ

それらの準備品を、看護師さんにチェックしてもらって、
明日はまとめてベッドの上に置いて手術に向かうそうだ。

お風呂もしばらくは入れないから、入って髪を洗った。
私はロングなので、手術当日はどうしたらいいのか聞いたら、
どちらにしてもキャップをかぶってしまうので
そのまま(結んだりしなくても)で良いとのこと。

手術前日は食べるのは21時まで。飲み物は24時まで。
別にお腹は空いてなかったけど
明日何も食べられないと思ったら、
なんか食べたくなって(笑)、
夕食の後にヨーグルトを買って食べた。

「眠れますか?睡眠導入剤必要ですか?」
う〜ん。いらないなぁ。
なんだか思ったより、普段通りの私。
それほど心配じゃないし、怖くもない。

といいつつ、実は万が一を思って、
入院早々、ノートの片隅に遺書を書いてみた(笑)。
お葬式の費用とか、お墓のこととか(笑)、
いろいろ書きつつ、なんかアホらしくなってきて、
ノートの最後の締めは
「こんな事で死ねるもんか」だった。
だって、まだまだやりたいことたくさんあるもん。
ダンナもかわいそうだしさ。

ほんとに普通通り眠れた手術当日の朝、
みんなの朝食の匂いに心惹かれながら、
早速、脱水防止のために点滴が始まった。
あ〜、点滴はユウウツ。なんか一気に病人ぽい。


それから担当医がやってきて、
手術の切る位置を確認しに来た。
「ここに、ちょうど良い印がありますね〜。
(それはつまりシワだよね;苦笑)
ここにしましょう〜。」
と、明るくマジックで書かれた(笑)。
センセ、明るすぎ。


そんなこんなで、なんと10時には
実家の両親と弟夫婦、甥っ子まで総出でやってきた。
(3人ってきいてたのに)
いくらなんでも早すぎ(汗)。
手術開始が12〜14時の間だよ。
それにこの病院のまわりは、見事に何もないし。。。

デールームという、
患者さんや見舞客が団らんするスペースがあって、
そこの冷蔵庫にお菓子や飲み物を袋に入れて
名前を書いておけば保管できる。
昨日のうちに用意しておいて良かった〜。

手術日ということで
ウチの家族以外にも
何組か手術を待っていて、
デイルームは人でいっぱい。
お昼にはダンナもやってきて、
まだまだこれからの長い時間を
過ごすのであった。

つづく

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
方言に変換するよ♪
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
J-WAVE
コメントありがとう♪
[08/28 rafuma]
[06/25 rafuma]
[02/01 rafuma]
[01/31 つぼみ]
[01/06 チョコ]
★お返事済みはがつきます!
RSSリーダー
ブログ内検索
プロフィール
HN:
tomozo
性別:
女性
自己紹介:
いつも刹那的だといわれます。そんな私のピンポイントな「today」を切り取ってみたくなって、画像中心のブログにしようかと思ってます。
カウンタ
バーコード